Blogブログ一覧

ブログ

毎日のヘアアイロンスタイリングでの髪の痛みが気になる方へ。。。

こんにちは!

大分市で美容師をしています。真部です。

 

毎日、ヘアアイロンスタイリングされる方。

アイロンでの髪のダメージって気になりませんか??

 

健康な髪の天使の輪が壊れる温度は154度と言われています。

スタイリングの際に使うアイロンの温度、、、

『180度まで大丈夫だ』とか、『150度がいい』とか、『130度まで』とか、『200度までいいのか』とか、、、

いろいろ言われますが。。。

僕個人の意見ですが、無難なのは120度〜160度でしょう。

そもそも、どういうアイロンの使い方をするのかにもよるのでは??

基本、180度のアイロンを髪の同じ場所にずーと10秒間当てたらアウトだと思います。

アイロンの設定温度も大切ですが、重要なのは、アイロンをした時の毛髪温度です。

これに関しては、アイロンの使い方にも左右されるところになるので、

サッと通すだけのアイロン操作でスタイリングできるか。(実際何秒間同じ箇所にアイロン当てているの?)、、

あとは髪質にもよる。。。

というところではないでしょうか。

高い温度で巻いた方がカールがつきやすいわけではありません。

高温で巻けば巻くほどカールが長持ちするわけでもありません。

髪は、一度温めたあと、熱が冷める時に形がつきます。

ですので、巻いたカールを長持ちさせたいと感じた時は、巻いたあとにすぐ手の中で巻いた髪をしっかり冷ましてみると良いでしょう。

 

アイロンのプレート部分の滑りが良いものを選ぶ。

今お使いのアイロン、髪の毛が引っかかったり引っ張られる感触がある場合、買い換えることをオススメします。

滑りの悪い素材を使うと摩擦で髪が傷んでしまいます。

 

髪をしっかり乾かしてからアイロンをすること。

髪の毛は濡れているときほど、熱や摩擦にも弱い状態です。

毛髪水分量が90%の場合55度でダメージが始まります。

しっかり乾かしてアイロンをしましょう。

 

今回は、スタイリングでのヘアアイロンについて書かせて頂きました。

是非ご参考いただければと思います。

みなさん綺麗な髪で楽しく過ごしましょう!

 

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。